• ホーム
  • 業務案内
  • 報酬額一覧
  • 事務所案内
  • リンク集
  • お問い合わせ
ホーム > 業務案内 > 法人設立 > 株式会社設立
業務案内|株式会社・合同会社など法人設立、会社設立、各種許認可手続きは、大田区大森、さんのう法務事務所

株式会社設立

会社設立するということは、一大決心が必要だった事と思います。
また会社設立は夢の実現の第一歩でもあったことだと思います。

その「夢」、少しでも早く実現したいと誰しも願っています。
しかし、その第一歩である会社設立には様々な手続が必要になります。

会社設立手続は、誰でも手間と時間をかければ十分可能です。

会社設立する時には仕入先・販売ルートの開拓、広告宣伝の企画などいくら時間が
あっても足りません。また、定款の電子認証による4万円のコスト削減も出来ません。

そこで、煩雑な会社設立手続はさんのう法務事務所にお任せください。

  1. 定款電子認証による法定費用4万円削減
  2. 仕入先・販売ルートの開拓お手伝い(異業種交流許可のある企業様のみ)
  3. 広告宣伝企画のお手伝い

    ・ホームページ制作
    ・各種印刷物の企画、制作
    など

  4. 社会保険労務士・FPなどマルチライセンスなので会社設立後も安心

さんのう法務事務所は会社設立を応援します

会社設立の流れ

1.会社設立の基本事項を決定
会社設立にあたり、設立する会社設立の基本事項を決定します。
  • ① 商号(会社名)
  • ② 目的(事業内容)
  • ③ 本店所在地
  • ④ 取締役
  • ⑤ 取締役の最大数及び任期
  • ⑥ 発行可能株式総数
  • ⑦ 決算日
  • ⑧ 資本金の額
  • ⑨ 出資者及び出資金の額
2.出資者全員分の印鑑証明書を取得
出資者かつ役員に就任する場合は、それぞれ必要なので2部ずつ取得する
3.定款を作成し、公証役場で認証を受ける
定款認証は印紙代4万円 認証代5万円 製本代約2千円
さんのう法務事務所は電子認証のため印紙代4万円が不要です
4.出資金の払い込み
出資者のうちの一人の個人銀行口座に、それぞれの出資者がそれぞれの出資金を払い込む。
全て払い込みが完了したら、通帳のコピーをとる
5.登記申請に必要な書類を作成
会社設立登記申請に必要な書類を作成する
  • ① 設立登記申請書
  • ② 認証済みの定款の謄本
  • ③ 発起人会議事録
  • ④ 資本金の額の計上に関する証明書
  • ⑤ 払込証明書
  • ⑥ 役員の印鑑証明書(全員分)
  • ⑦ 役員の就任承諾書
  • ⑧ 登記すべき事項(OCR用紙かFDかCD-R)
  • ⑨ 印鑑届書
6.会社の代表者印を作成する
類似商号の調査がなくなったので、なるべく前もって用意しておいた方が後で
あわてなくてすみます。
7.管轄法務局に登記申請
8.会社設立

会社設立費用

株式会社設立に必要な当事務所報酬額
84,000円(税込)
株式会社設立に必要な法定費用
株式会社設立の法定費用
実費定款印紙代電子定款のため不要(紙の定款の場合は4万円)
定款認証手数料50,000円
定款謄本代2,000円※1
登録免許税(収入印紙)150,000円※2
合計202,000円
※1 定款のページ数によって多少増減します。(謄本1枚あたり250円)
※2 登録免許税は、資本金の7/1000か15万円のいずれか大きな金額となります。
会社設立印鑑3点セット
会社実印・会社銀行印・角印の3点セット(高級柘植・高級ケース付)10,290(税込)から承ります。

» 報酬額一覧表へ

会社法による新旧制度の比較

会社法施行の前と後で変更した主な点を一覧にしてみます

内容旧制度新制度
最低資本規制株式会社:1000万円以上
有限会社: 300万円以上
1円以上
発起設立時の払込金保管証明必要発起人のうちのひとりの個人口座の通帳写しで可
取締役の数株式会社:3人以上
有限会社:1人以上
1人以上
(取締役会非設置の場合)
取締役の任期株式会社:2年
有限会社:制限なし
原則2年
(株式譲渡制限会社は最長10年)
監査役の任期株式会社:4年
有限会社:制限なし
原則4年
(株式譲渡制限会社は最長10年)
監査役及び取締役会必ず設置非設置も可
同一市町村の類似商号不可原則可能

会社設立代行の流れ

会社設立代行依頼後の簡単な流れは以下の通りです

ステップお客様さんのう法務事務所会社設立サービス
ステップ1会社の基本事項の決定
(商号・資本金等)
何度でも相談に乗ります
ステップ2会社目的(業務内容)決定調査及びご提案
会社設立後の運営および経営効率化を勘案し、修正ならびにアドバイス
ステップ3発起人の個人実印の印鑑証明書の取得定款及び定款認証委任状の作成
ステップ4定款認証委任状に押印公証役場にて定款の認証
(電子定款認証)
ステップ5資本金の払込および通帳のコピーをFAX又はスキャンデータをメール登記申請添付書類の作成
ステップ6登記申請書等に押印謄本・印鑑証明書・印鑑カードの取り寄せ

依頼のメリット

さんのう法務事務所へ会社設立を依頼したお客様に好評だったサービス

1.定款電子認証による法定費用4万円削減
会社設立費用が4万円安くなります。会社設立時は資金的余裕がないものです。
これは絶対にやった方が良いですね。
2.完全サポート体制
公証役場に定款の書き方が分からずに何度も足を運び、法務局にも申請書の間違いなどを
指摘され、何度も足を運ぶと言うことがありません。交通費も勿体無いですよね。
3.仕入先・販売ルートの開拓お手伝い
コピー機等リース契約を会社設立間もないと出来ない場合があります。
この様な場合でもさんのう法務事務所ならバックアップします。
さんのう法務事務所では会社設立代行を依頼された会社様の要望にあわせて、
同じく会社設立されたお客様同士を仕入先・販売先としてご依頼若しくは許可がある場合は
ご紹介しております。
4.広告宣伝企画のお手伝い
会社設立し、「広告したいけど無駄な広告はしたくないと」か、
「ホームページを激安で作って欲しい」「名刺や会社ロゴのデザインを」と考えるお客様に
広告代理店へ特別価格にて提供して頂けるようにしております。
5.社会保険労務士・FPなどマルチライセンスなので会社設立後も安心
会社設立後の社会保険や経理業務に決算と会社設立後も様々な届出や疑問が出てきます。
さんのう法務事務所は行政書士・社会保険労務士・FP・宅建等、マルチライセンス保有事務所であり、かつ、パートナー税理士・弁理士・司法書士もおりますので、会社設立後も完全バックアップいたします。
ページトップへ